キミと同じ時代に

生まれてきた私はツイてるどころじゃない

現場があってもなくても結果ヲタク

今週のお題「2020年上半期」


今年も後半戦とか言われてもコロナくんのせいで2020年全く楽しめてないんですが???まず今ほんとに2020年で合ってる???レッツゴートゥーザットニットッニ〜〜〜て何処に行きゃええんや。心の底からヲタクなので、いつもならこんな年の真ん中で「何月は何の現場で〜〜〜」なんて振り返る暇もなく夏を楽しんでいるはずだった。しかしこの状況でも振り返ればヲタクごとばかり出てくるのが私。

思い返せばコロナ前、最後に行った現場は2月中旬。ふぉ〜ゆ〜辰巳くん出演の舞台が地元であったので、一般チケで駆け込んだ時だ。そのあと髙木くん(30)主演の舞台が中止になり、今野くん(20)が所属する7MEN侍のクリエが中止になった。記念すべき30歳の髙木くんも、素晴らしき20歳の今野くんも、私が生で見ることなく*1月日が過ぎ去って行く。はたち・みそじなど、言い換えの言葉があるくらい特別な節目の年であるはずの彼らを、私は画面や誌面でしか見ることが出来ないまま収束を待つしかないのだ。

さらに、これはコロナのせいではないが、3月の髙木くんの誕生日当日はクッソ体調悪くてまともに祝えず、6月の髙木くんの入所日は少し前まで覚えていたのに前日すっかり忘れていて、当日の朝Twitterのトレンドで気付くという始末。もう最悪だ。ねえ、トニトニって何?もっと楽しい年だと思ってたんだけど???嫌なことばっかり覚えてる性格なので、毎月の嫌なことまとめてやる!


1月
▶︎髪を切りすぎておばさんカットになり、JUMPのコンサートに着ていく予定だった服がクソ似合わなくなる。前日に現地で調達した。
▶︎SixTONESデビューツアーで気分の浮き沈みが激しく、「まじ降りる」「北斗楽しそうだったから私も幸せ」を交互に繰り返す。

2月
▶︎罪嘘、地元公演だからと余裕ブチかましすぎて、開演ギリギリにダッシュで劇場に駆け込む。

3月
▶︎髙木くんの誕生日に、原因不明の体調不良に見舞われ祝杯あげられず。そもそもバースデーケーキを頼もうとしていたケーキ屋の電話が全く繋がらず、希望のケーキが頼めなかった。

4月
▶︎「次週のベストショットJr.は今野大輝」謎のフェードアウト。数ターン後にしれっと掲載されたためお蔵入りは回避。

5月
▶︎予定されていたクリエが中止。
▶︎会社が全くリモートや隔日出社にならず、仕事激減にもかかわらず通常どおり働き続ける。

6月
▶︎今野くん単独地上波出演の日に高熱で寝込む。
▶︎予定されていた舞台「裏切りの街」が中止。
▶︎髙木くんの入所日を忘れる。
▶︎高熱をこじらせた結果、体調不良で2ヶ月の薬服用を強いられ飲酒厳禁となる。


これからの季節も、夏といえばEXかTDCって習ったんですけど?まあ7MEN侍配信の日は仕事が休みなので、大人しく家で見る……てか、なんか全然よくない人生みたいだから、ありそうだったら良かったことまとめもしたい。書けるほどあったらだけど。

*1:島系無理だから申し込んだことない