キミと同じ時代に

生まれてきた私はツイてるどころじゃない

自己ブランディングします③

しれっと続けてる自己ブランディング企画。
y-9but.hatenablog.jp
y-9but.hatenablog.jp


今回は、人生での成功体験や成功の理由を振り返ります。前の記事から期間が開いたのはさ、サボってたわけじゃないの、下書きまではしてたんだよ。でも「ポイントは何をしたか、どう喜ばれたか、なぜ喜ばれたか」ってのを見て、下書き全部書き変えた。人から喜ばれることってあんまないから、めちゃめちゃ大変だった!もしかしたら自分が嬉しかったことでも良いのかもしれないけど、よく分からないので書き変えましたよ〜。しかも本物とは若干書き方が違うんだけど、まあ、なりゆきで行こ。


学校
①絵とか書道とか、クラスの皆と違う感じで描くと先生に喜ばれた。描くと、っていうか無意識なんだけど。絵も字も上手くないから、好きなように描いただけ。それを評価してくれる先生は、今思うと貴重な存在だったな〜〜〜廊下にクラス代表作品で貼り出されたこともあるけど、他のクラスの子達は所謂「上手い絵」で、そこに私のが並んでるのは異様な光景だった。まあ参観日に親がどう思ってたかは知らないけど。


②クラス代表とか授業グループのリーダーとか、皆が嫌がってなかなか決まりそうにないことは率先してやった。だからわりと陽キャと思われてたけど別にそうでもない、むしろ陰キャ*1今になってみれば、学生のコミュニティって狭めじゃん。同じクラスの人とか部活が同じ人とか去年同じクラスだった人とか。そういう環境では人前に立つのも全然余裕なんだよな〜〜〜。


③勉強は常に頑張ったし、特に大学合格は成功体験。そもそも部活が大して好きじゃなかったから、引退して受験勉強に集中した期間は超楽しかった。遺伝子レベルでジャニヲタの私が、Mステも少くらもカウコンも観ないで勉強した日々……*2たぶん元々の点数が低かったから伸び代が多くて、それが埋まっていくのが楽しかったのかな?後日、先生のところに合格報告に行ったら「よかった〜〜〜!こんなに頑張ってるのになんで伸びないんだろうって心配してたんだよ!!」なんて言われた後日談もあり。



バイト
2件掛け持ちしてて、どっちでも親世代から可愛がってもらってた(自分で言うな)。ちまちました作業が全く苦じゃないから、音声データの書き起こしとか、シール貼りとか、内職みたいなこと永遠にやってた。飲食は接客だから真逆だったけど。まあ手作りPOPで廃棄削減とかに貢献はしたと思う。



社会人
本当に無いんだよな〜〜〜熱意とかガッツと呼ばれるものが全くないので、基本的にお客さんに感動されることもない。あ、1回あるけど、それはガチ身バレ案件だなあ(笑)まあ基本的に、お金が発生する仕事じゃないところで褒められることが多いかな!エクセルの知らん関数の調べ方が上手いとか、頼まれごとがキッチリ出来るとか。ほんと社会人、特に営業マンである価値が無い(笑)



以上!
そして、ここまでの結果から私が
継続して出来ること(150%の力は不要)
・早起き ※早く寝られることを前提として
・数値を扱う
・作業
・手紙、ブログやSNS発信
・自分の価値観を信じる
・単独行動

特に苦手なこと(どんなに頑張ってもマイナスがゼロになるだけ)
・夜遅い
・体力を使う
・急なこと
・ぶっつけ本番
・沢山の人と関わる
・分かりやすく話す
・集団行動
・バス移動

ではでは、また続きやりま〜す。

*1:あまり良い表現ではないが、学生時代をリアルに思い返すためにあえて使う。

*2:後から追うのも面倒くさくて、未だに当時の情報やら映像やら、抜けてるとこいっぱいある。