キミと同じ時代に

生まれてきた私はツイてるどころじゃない

TO THE TOP

※これは2年前の10周年コンサートI/Oに行った後の下書きを、2020年に整えて世に放っています。

 

Hey!Say!JUMPの京セラドーム公演に行って来ました!アリーナツアーに全滅し、チケットを探す気力もないほど落ち込んだ夏には「私は10周年のJUMPに会えずに終わるんだな…」「もしドームがあっても今までみたいに年越し周辺なら行けないしな*1…」と思っていたので、12月初旬の大阪公演に当選した時は「神様は私を見捨てなかった!!」なんて大袈裟な舞を披露したりして。

 

現場での私は『近くの他担より遠くの自担』いわゆるロックオン型なので、終始髙木くんの監視を行ないます。近頃はファンサの量産で、数年前とは対応が別人な髙木くん。アンコールのフロートでは長い足を引っかけ、身を乗り出してまでファンを楽しませてくれるので、落ちないかハラハラしてしまうほど。数年前の私なら「髙木くんファンサしてる!くそ!!」ってなったでしょうね…(遠い目)

しかし髙木くんが大人になったのと同じだけ私も年を重ねているわけで、もう平気とかの次元じゃなく大海原のような広い心で受け入れられるんですよね。「え、エアハグした!?可愛すぎない!?本物の髙木くんか!?」あ、これ受け入れてないか(笑)むしろ取り乱してる(笑)

 

 

以下、強引に髙木くん観察記録へと繋げます。昔はこれすら誰にも言いたくなかったですね…(再び遠い目)

 

【かっこいいところ】

①メンバーの甘噛みをすかさずフォロー

薮:先日、11月16日に僕らデビュー10周年を迎えまして……
(ザワつくメンバーと会場)
裕:薮さん!?お兄さん、14だよ!
?:絶対間違えちゃダメなやつwww
薮:11月じゅうrよんにち!!
髙:みんなが気付くか試したんだよね!?

 

②締めの挨拶

最高でした。やっぱりこうしてステージに立っている時間が、僕はものすごく好きだなぁと、改めて思いました。10年後も20年後も、こうしてライブができるように僕たち頑張るので、ずっとずっとついてきてください。必ず幸せにします。

ここの顔が最高だった!本気でついて行こうと思ったし、他の推し全員降りようかななんて思っちゃったよ!!

 

【あまりよくないところ】

他メンバーの挨拶中に、伊野尾くんを構うところ。

 

【可愛いところ】

①スタートデイズ

キンキさんと会ったら緊張で喋れないと思う!と言う髙木くんですが、しっかりSNOW!SNOW!SNOW!を歌いながらの登場でした。本人いなければOKのタイプ。本人には滝沢くんだけど、仲間内では「タッキー」って呼んでるタイプ。あるある。

 

②ドラムソロ
中島くんがドラムを叩くと髙木くんの声が出るパフォーマンスは、ほんと髙木くんの無駄遣い!これ褒めてるのでご注意を。あれを録ってる髙木くんの姿を想像すると、可愛すぎて語彙力2歳児になる。

 

③JUMPing CARなど、わちゃわちゃ曲
にゃんこスターにハマってるようで、八乙女くんと踊ってる姿を何度も見ました。

 

④少年の心

髙:こないだプライベートでサウナ行ったの。そしたらこの人(薮くん)いたw

薮:オレは友達と行ってて、頭をこう洗ってたの。洗面台、洗面台?っていうか流し、流し?そしたら肩トントンされて、パって見たら雄也でw「薮くん!薮くんなんでいるの!?」って言って全裸でハイタッチしたwww

髙:しかもサウナの中もっと凄くて、ちょっと言っていいのか分かんないけど、並びが薮くん・ヒャダイン・俺だったの!www

薮:2人とも気付いてたんだけど言わなくて、後日「あれヒャダインだったよね!?」ってwww

 

ツンデレ

?:みんなで4DXで見たよね!

髙:めっちゃ楽しかったねぇ!!

薮:雄也、今、会場が「雄也かわい~♡」ってザワついてたよ!

髙:なにこのおじさん!嫌なんだけど!!www

薮:だって絶対思ってたよ!!

これはもしかしたら薮くんの可愛い話か(笑)

 

【その他】

①ビバナイ

基本ぼっち!個人的にたかちねが見たいんですけど、知念くんは薮くんと遊びたいお年頃。センター台から知念くんが降りる時に髙木くんの左肩を触ったんですけど、まさかの髙木くんがスルー(笑)私のテレパシーは届かない。

 

②真剣SUNSHINE

バクステにいる髙木くんを双眼鏡でガン見してたんですけど、注目ポイント『♬恋の海原ジャジャジャJUMP』のタイミングでちょ〜〜〜ど片付けられてゆくフロートがフレームイン!丸被りで号泣!スタッフさん今日もお疲れ様です!

 

 

てな感じで10周年を無事に味わえた私ですが、今の気持ちを曲で表すとしたら『TO THE TOP』一択。10周年とか振り返る系の曲ということで、世論としては『Thank you ~僕たちから君へ~』『H.our Time』『Memories』あたりが人気なのかなと思うのですが、私はTO THE TOPで泣くヲタクです。チケットが当たらなくなるのは悲しいし、遠い存在*2になるのはとっても寂しいですが、JUMPが頂上を目指す応援はし続けたいなと。果たして「頂上」ってどこにある何のかは分からないけど。発射台にセットするお手伝いくらいは出来たかな?な〜〜〜んて。

 

絆、胸に刻み、いま羽ばたくTO THE TOP。

 

*1:家の都合で、年末年始は絶対どこにも行けない

*2:アイドルはもともと近い存在ではありません!