来世もあなたの羅針盤

その顎が好き。

ベタだけど2017年を振り返る

出遅れましたがメリークリスマス!!あ、皆さんもう年越しに気持ちが向いてる感じですかね。私は今を向いて卒研してます。本当はブログなんて書かずに卒論も書かないといけないんですけど、とりあえずヲタク優先して今年の振り返り。振り返りブログのテンプレないのかな~?って思ったんですけど、皆さんおのおの自由に書かれてるんですね。ということで私も超シンプルに書いていきます。

 

 

- - - - - - - - - 

1月

関ジャニ'sエンターテインメント

髙木担の私ですが実は10年間くらい、メインは大倉くんでした。数年前に降りて、今は全く未練とか無いんですけど。ダラダラとFCの更新を続けていたのは錦戸くん好きの母がコンサートに行くため。私はもはやついて行ってる感覚でした。ですが会員になって10年、キリも良いので今年の更新はしません!母には「FC辞めんで~~~私をコンサートに連れてって~~~」と言われましたが、自分でご入会ください。今年、祖母に「あんた小学生の頃は『たっちょんのお嫁さんになるからアイロン教えて!』って言いよったね~」って恥ずかしい話をされました。懐かしい(笑)今までありがとう、バイバイ大倉くん!!(軽すぎる)

 

 

2月

・平凡ブルータス(雑誌)

ぶっちゃけジュニア目当てで買ったし、買うまで表紙がJUMPだなんて知りませんでしたごめんなさい。おうちに帰ってオムニセブンの梱包を開くと「え”!?JUMP!?!?!?」しかもめちゃくちゃかっこいい・・・元々の購入理由だったJr.のページは、ヲタクの煽りでハードルが上がりすぎて、ぶっちゃけそうでもなかった(※個人の感想です!!!)

 

OVER THE TOP(シングル)

OTTも良いけど、カップリングの『FunkyTime』が大好きです。可愛いJUMPちゃん最高~~~!MVもメイキングもあるのに両A面扱いではないですよね・・・?

 

・東西SHOW合戦

当たると思ってなかったので、当選メールが来た時はびっくりしました!ちょうど帰省していたので、妹「姉ちゃんどこ行くん?」私「黙って!緊張する!」妹「え!?新橋演舞場!?!?」この無意味なやりとりを1万回以上やりました。謎。松村くんの『谷間汗北美』と『猫中毒』を見ることが出来て、本当に良かったです。

 

 

3月

・就活

リクナビマイナビ等の就活サイトには全く登録せずに就活に取り組みました。合説でナンパされて誘拐されかけたのは笑った!説明会が終わって会場を出た瞬間、全く知らない人に「あの、僕も今の説明会にいたんですけど、今から企業の場所とか見に行きませんか?今日車で来てるんで!」って声を掛けられて(笑)もちろんお断りして電車で帰りました。

 

 

4月

・5TAGE

SexyZoneに関しては完全に「ふまけん厨」でやってきました。この頃は本当にふまけん関連が多くて、自分が入った公演はもちろん、入ってない公演のレポをチェックするのも非常に楽しかったです。それにJUMP担だと中島くんと菊池くんなんて入所当時からずっと見てるわけで・・・すごくエモかった。

 

・Jr祭

ネットニュースにもなった、あの、たまアリ公演*1です。入ったのは2部だったのでナレーションは聞いてないんですけど。初めてアンコール抜けするか夜行バスを捨てるかという選択を迫られました。結果、2人とも欲張りなヲタクなのでアンコールが終わった瞬間、「元陸上部だろ!!!」と言いながら本気ダッシュで駅に向かい、乗り換えもダッシュ、無事に夜行バスに乗れました!奇跡! ※良い子は真似しないでね

 

・Dear(DVD)

あれ、『from.』どこ行った?メニュー画面のBGMだと???私が(地方で)観たコンサートはこれじゃない・・・

 

 

5月

・説明会と面接

そういえば就活中だったな~という感じですが、現場だけじゃなく企業説明会や面接に行きましたよ。受かったら実際に働きたいと思った企業しか受けなかったので、2社で済みました。取締役とスイーツ食べたり、人事とお弁当食べながらお話したなあ。

 

 

6月

・就活終了

ありがたいことに2社とも内定をいただき、より志望度が高かった方へ入社を決めました。よかったよかった。

 

・I/Oアリーナ

全滅!!!お~~~いJUMPさん!!私への内定祝いは???ここから長期に亘る髙木くんとのケンカがスタート。チケットは探さない、出演した番組は見ない、発売したCDは未開封のまま棚へ・・・同時に「浮気の夏」を決意。

 

 

7月

・Precious Girl / A.Y.T(シングル)

・I/O(アルバム)

上記の通り、どちらもお金を払ってTSUTAYAから本棚へ移動させただけ。

 

 

8月

・Mission K:

私ではないですが、初めての復活当選で連れて行ってもらいました。しかし失礼ながら、中島くんのことは「菊池くんのお嫁さん」という感覚なので「キャーかっこいい~!」ではなく「世界観すごいな。プリプリケンティワールド♡じゃないところが更に良い」など比較的冷静に盛り上がっていました。途中で青木アナが紹介され、MCが終わるかと思いきや!なんと登場したのは菊池くん!!!ふまけん!!!ふまけんオンザステーーーーージ!!!Really!?!? There is only ”FumaKen” on the stage!!!「あああ(泣)旦那さん来た(泣)」・・・しかし、これ以降のラジオや雑誌でふまけんが供給過多気味で、私のふまけん厨レベルが下がり始めました。天邪鬼。与えられすぎるとよくない。

 

・風 is I ?

全体的にすごく楽しかったしエモかった。初日に中島くんは行っていたのでふまけんの可能性はゼロでしたが、なんと佐藤くんが登場しましたよ~ラッキーでした。

 

 

9月

・5Years5Stars

何グループの現場行くんだよって思い始めた方もいらっしゃるかと思いますが、A.B.C-Zは本当に久しぶりでした。個人的に残念だったのは、3歳下の妹が「双子コーデもこれが最後かな」と言ったことです(泣)原因は私のリア友が妹に「まだ片方が10代だからセーフかもしれないけど、ギリだよね」と言ったこと。余計な事吹き込まないでいいから!コンサートは特別なんだよ!!

 

・少年たち

帰省中にチケット発送だったので事務局に返送&当日受け取りになりまして。行ってみると、なんと2階の最後列。でも日生劇場って上からでも観やすいんですね!良かった。

 

・Follow me

こちらはKAT-TUN担のお友達に誘っていただきました。亀梨くんと言えば私をヲタクの道に引きずり込んだ張本人なので、お会いできて光栄でした!知ってる曲も多くてすごく楽しかったです。

 

・JUMP結成10周年

浮気の夏を終えて、ついに髙木くんと仲直り!ごめんね&これからもよろしくね、髙木くん。

y-9but.hatenablog.jp

 

 

10月

・少年たちLIVE

私の松村くん名義は落選でしたが、安井くん名義(私のじゃないよ)が当ててくれたのでそのお相手と一緒に楽しく過ごしました。夜は他のヲタクを交えてゴハンに行き、成人済だと思っていた子がまだ未成年だったことに驚きつつサイダーで乾杯という可愛い会を開催しました。

 

 

11月

孤食ロボット(DVD)

DVD-BOXなんて買ったことなかったのに、仲直りの勢いから即予約で購入。

 

・GACHI

ふぉ~ゆ~兄さんの素晴らしいパフォーマンスを生で見られたことは、私の今後のヲタク人生にきっと良い影響があると思います。すごかった。

y-9but.hatenablog.jp

 

 

12月

・I/Oドーム

当たった~~~!!!よかった!!!JUMPに会えない絶望の10周年は、無事に回避できました!久々に「会えるだけで幸せ」という純粋な気持ちになりました。京セラドームに行かせていただいたので既に2週間以上経っているのですが、まだまだロスが止まなくて自分でもビックリ。たくさん他グループの現場に足を運んだ2017年でしたが、この公演終了の瞬間から「あ・・・髙木くんだけにしようかな・・・」「髙木くんだけについて行きたい・・・」と思い始めてそのまま年を越そうとしています。この話だけで記事が書けそうなので今度にしよう(笑)だって、Mステスーパーライブ号泣しながら見たレベルに拗らせてるんですよ・・・理由は分からないけどめちゃくちゃ泣きながら見た。

 

White Love(シングル)

シングルにしては珍しく、めちゃくちゃ歌番組で歌っても飽きないし結構好きです。真っ黒な衣装なのは本当に疑問ですが(笑)そして、特典DVDの面接が今までにない感じで面白かったです。髙木くんかっわいい~~~!!!でも1000000%内定は出ないよ!(笑)

 

 

- - - - - - - - - 

こんな感じで2017年もしっかりヲタクでした。来年も再来年もヲタクだろうな。優しいヲタク仲間にも恵まれて、一緒に遊んだりゴハン行ったり。私が行けなかった現場の髙木くんを報告してくれた方もいて、他担なのに視界に入れてくれてありがとう!!!そして事務所さん、今年もお世話になりました。私がヲタクでいるためにはジャニーズがジャニーズでいてくれる必要があるので、来年もよろしくお願いいたします。皆さん良いお年を!!!紅白歌合戦1組目のHey!Say!JUMPをどうぞご覧ください!!!

 

*1:デジチケ導入によるトラブル大発生。公演開始がすごく遅れたり声だけの出演で時間を繋いだり、確実にジャニーズ伝説に刻まれた。