来世もあなたの羅針盤

その顎が好き。

そういえば予算は守れたのか【ジャニヲタとお金】

こんにちは~~~下書きたくさん溜めてるので、春までにちょっとずつ消化していきたいと思っている今日この頃。

今回は、以前立てた2ヶ月分の予算を振り返りつつ、果たしてそれ通りに生活できたのかを振り返ります。

y-9but.hatenablog.jp

 

まず、値段が確定していたものから。

孤食ロボット 10500円

White Love 4300円

A.B.C-Zシングル 1800円

予定通り購入。しかしドラマのDVD-BOXというものを購入したのが初めてでどうしたらいいか分からず、まさかの未開封放置です!!テレビでの放送がなかった地域ならルンルンで開封&再生だったと思うんですけど、全部しっかり観てたので・・・本編はもっと時が経ってから内容を忘れた頃に観ればいいかなと。「いや、特典映像あるじゃん?」って声が聞こえてきそうなんですけど、もう開けるのが面倒くさい。良さげな言い訳が思いつきません。ただの面倒くさがりです。

孤食ロボット [DVD]

孤食ロボット [DVD]

 

・DJ+ 600円

・バニラボーイ 3900円

JUMPのドーム後で松村くんへのモチベーションが全く無いにもかかわらず、やってきたこれらの発売日。正直、髙木くん以外にお金を払うのは躊躇われましたが、予約キャンセルはもったいないのでそのまま購入しました。また松村くんへの熱が高まってきたら見ます。というかこれ書いてて気付いたんですけどバニボもっと高かったぞ!?そもそも値段間違えて組んでた~!買ったのは豪華版なんですけど、3900円ってたぶん通常版の値段ですかね?あほ。

バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ 豪華版 [DVD]

バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ 豪華版 [DVD]

 

・PrincePrincePrince 2500円

これは非常に有意義な2500円でした。発売がドームより前だったのでJUMP以外のことを考える余裕もあったし。これは今でも人に勧められます。

Prince 1st PHOTO BOOK 『 Prince Prince Prince 』

Prince 1st PHOTO BOOK 『 Prince Prince Prince 』

 

・ドル誌 690円/冊

Hey!Say!JUMPが10周年ということで、各誌がヲタク心をくすぐる特集を組んでくださいました。ありがとうございました!普段より多く購入したけど後悔はありません*1

 

 

 次に、値段が確定してなかったものを見ていきます。

 

・交通&宿泊費(30000円で収まりそう)

日本旅行で予約した新幹線+ホテルのセットが1人17720円というおトク料金でした。普通に買ったら学割と往復割を利用しても新幹線が16270円+ホテル代なので、日本旅行に感謝。ホテルとドームと観光地が思った以上に近かったので、電車代も2000円使ってないと思います。あと、飲食代も大してかかってない。わたし世界で一番好きな食べ物がたこ焼きなので何種類か食べたんですけど、大阪のたこ焼きは安いからありがたい!それに、一緒に行ったのが未成年だったので夜は飲みに行かず、コンビニで済ませたのが食費削減につながりました。ただし私のお酒は買った。公演後の酒は美味しすぎる。


・コンサート用の服(10000円以内にしたいけどたぶん無理)

まず、靴で7000円を超えました(笑)本当は靴の予算5000円だったんですけど、なかなか良いのが見つからず。靴だけが決まらないままドームまで1週間を切ったので値段を妥協しました。デザインを妥協しないのは「気に入った靴じゃないと髙木くんに会いに行けない!」という女子の部分があったから。この時だけは\誰もお前の靴なんて見てねーよ/という声は聞こえない耳の作りになっております。しかし、あとのスカートやジャケットはいつもお世話になっているHoneysさんが良さそうなものを製造してくださっていたおかげで、高額にならずに済みました。ありがとうHoneys。プチプラ最高。

 

・コンサート前の美容院

卒業研究と資格試験の勉強に追われ、美容院に行く時間を確保することができませんでした(泣)セルフブリーチ&セルフカラーで、値段は安かったけど費やした労力と完成度が比例しないのでもうやりたくない。自分が不器用の日本代表選手であることをすっかり忘れておりました・・・


・双眼鏡(3000~10000円って幅広すぎない?)

近所の家電量販店では双眼鏡の取り扱いが無かったため、口コミを調べまくってAmazonで購入。私が購入しようと思った製品にちょうど新モデルが出ていて、旧モデルは半額くらいに安くなっていました。ラッキー。使用感も良かったので満足です。

 

 

予算を立ててたのはここまでなんですけど、Jr.情報局の更新が来るの忘れてたし、ドーム後にこんなにJUMP大好きしんどい(泣)ってなって雑誌を買い漁ると思わなかったし、何よりコンサートのグッズを予算に入れ忘れてたのが最高にアホでした!また気が向いたら、今度はしっかり計画を立てます。2018年も、貢ぐゾ~~~!!!

 

― ― ― ― ―

 

Twitter(@Y_9but)でお友達募集中なので、よかったら固定に反応ください~!これまでのブログ記事とか適当に読んでもらえたら、私がどんな奴かだいたい分かると思います(^O^)タグ検索してもふわふわした画像ばっかり出てきて、私には眩しすぎる・・・

*1:同じ雑誌を複数冊、とかはしなかった

担降り、のようなもの

あけましておめでとうございます!!!これを読んでくださる皆様、今年も何卒よろしくお願い申し上げます。さて、2018年一発めの記事なので今年のヲタク活動に関する抱負とか書きたかったんですけど、年末の12月29日に個人的な転機があったので今回はそれについて書くことにします。

 

まあその転機というのはタイトルの通り、担降り。厳密には彼・・・菊池風磨くんは担当ではないので担降りとは言わないかなと思い、担降り「のようなもの」と表現しています。推しは増やすタイプの私が、担降りブログなんて書く日が来るとは思わなかった。

 

私にとって菊池くんは、『推し以上担当未満』という存在でした。大好きなんだけど私には髙木くんという絶対的存在がいるから・・・みたいな。菊池くんの良いところは、アイドルなんだけど普通に近いところ。アイドルだけど下ネタめちゃくちゃ言うし、遅れてきた反抗期が明確すぎたし、パリピ大学生感すごいし。サマパラでは、日常に非日常を加えるのが上手すぎて「私も男子だったらあんな仲間とああやって夏を満喫したい!」と思わずにいられませんでした。さらに楽しいだけじゃなく、要所要所にエモさが散りばめられていて、本当に尊敬しました。また、アイドルとして好きという以外にも、年が近い菊池くんには常に影響を受けてきました。例えば中学時代の私は英検3級に合格して満足していたのですが、雑誌のインタビューで菊池くんが「英検準2級に受かった」と言っているのを見て「お母さん!ふうま準2だって!私もイケると思うから受ける!」*1と再び英検の勉強を開始。結局準2級も2級も受かったから、菊池くんその節は(勝手に)お世話になりました。

 

そして、私は約10年間、ゴリゴリのふまけん厨でした。入所当時からずっと一緒にいる2人には、健人くん呼び時代・氷河期・825事件など本当にたくさんの出来事がありました。『ふまけん』と言われることを菊池くんが嫌っていたことも懐かしい。毎回「ふまけんどっかでチューしてないかな・・・」*2と思いながらコンサートDVDを買っていた私にとって、2016年ウェルセクのDVDに収録されたステージ上でのふまけん2ショットは、まさに昇天ものでした。さらに、幸運にも昨年のMission:K最終日に入らせてもらったは際は、サプライズふまけんを見ることができて、めちゃくちゃ震えました。泣いた。

 

それ以降、雑誌やラジオによるふまけんの供給が増加していきました。Qrみたいなテンションでらじらーをする2人や、ハリネズミデートをする2人がすごく楽しそうで、私も幸せだったなあ。あと、時期は前後しますがSTAGEのキャラドリなんて、最高以外の言葉が出なかった。しかし、供給が増えるとともに慣れてきてしまっている自分もいて、一つ一つに対する喜びが薄まっていくのを感じることもありました。そして今回、決定的なきっかけとなったのがLINEツムツムのCMです。誤解の無いようにお伝えしておきますが、CMが嫌だとかではないです!むしろ2人でCMだなんて本当におめでとう!!メイキングも観たよ!!私のTLも、情報解禁直後から盛り上がっていて『ほぼチプデ』『ツムツム始めた』という声がたくさん上がっていました。さらに今回のCM以外でも『最強シンメ』『ほぼ双子』『運命の二人』等、すごく嬉しい言葉が飛び交っていて、他担の方にもそう言われる2人は本当にすごいと思います。

 

しかし、皆が盛り上がる反面、私はついに気付いてしまったんです。私が好きなふまけんは

  • 片方が目線を送ると片方が逸らす
  • 一筋縄ではいかない
  • あとちょっとなのに!

という要素があったということに。ふまけんの経緯をよく知らない他担から「あの2人ってホントは仲悪いでしょ?」って言われるのとか、大好物でした。悪趣味で申し訳ない。一方最近の2人はというと、誌面や画面という枠を除いてもサシ飲みに行ったりする関係になっています。これは単に『大人になった』の一言では片付けられない変化で、こんなに人間味のある成長過程を見せてくれたのは(私の中では)ふまけんしかいません。その点はすごく楽しかったし*3、感謝しています。だからこそ、私の中にある『好きの路線』や理想を持ち出して「あの頃が良かったのになあ~~~」なんて押し付けることは絶対にしたくない。むしろその逆で、ふまけんの門出に乾杯!おめでとう!幸せになれよ!って送り出したいと思ったんです。

 

例えるなら、

私とふまけんは幼馴染みで、小さい頃はいつも3人で遊んでたよね。けど、中学で別の部活に入ってからはそれぞれ新しい友達もできるし思春期なのもあって、喧嘩したわけじゃないんだけど喋る機会がなくなって。高校も同じだったけどコースが違うから微妙な距離感は埋まらないままで、私としては寂しいと感じる6年間を過ごしたなあ。大学生になってからは2人とも考え方とか感覚が大人になって、4年になる頃には3人で飲みに行ったりもしたね。酔った2人が「風磨だいすき!」「健人が幼馴染みでよかった!」とか言ってるムービー、今も残ってるよ。卒業して1年後に、私はバイトの頃から付き合ってた年上の彼氏・雄也と結婚して地元を離れちゃったから今ではお正月に帰省したときしか会わないけど、ほんと変わらないよね(笑)

・・・的な。例え話でより分かりにくくするのは私の得意技なので、どうか野次は飛ばさないでください!

 

まあ簡潔に言うと菊池くんを嫌いになったとかではなくて、「ふまけんの供給に慣れてしまった自分自身が嫌い」というのが原因です。お祝いと同時に降りるなんて変な話だとも思うのですが、改めて、私は12月29日をもって、ふまけん厨を卒業しました。

風磨くん(ふまけん)、

憧れとトキメキをありがとう!

*1:中二病の生意気さは許してm(_ _)m

*2:腐女子だと思うじゃん?けど、ふまけん以外にはそんなこと思ったことない

*3:楽しくない時期もあったけど、今となっては良い思い出

ベタだけど2017年を振り返る

出遅れましたがメリークリスマス!!あ、皆さんもう年越しに気持ちが向いてる感じですかね。私は今を向いて卒研してます。本当はブログなんて書かずに卒論も書かないといけないんですけど、とりあえずヲタク優先して今年の振り返り。振り返りブログのテンプレないのかな~?って思ったんですけど、皆さんおのおの自由に書かれてるんですね。ということで私も超シンプルに書いていきます。

 

 

- - - - - - - - - 

1月

関ジャニ'sエンターテインメント

髙木担の私ですが実は10年間くらい、メインは大倉くんでした。数年前に降りて、今は全く未練とか無いんですけど。ダラダラとFCの更新を続けていたのは錦戸くん好きの母がコンサートに行くため。私はもはやついて行ってる感覚でした。ですが会員になって10年、キリも良いので今年の更新はしません!母には「FC辞めんで~~~私をコンサートに連れてって~~~」と言われましたが、自分でご入会ください。今年、祖母に「あんた小学生の頃は『たっちょんのお嫁さんになるからアイロン教えて!』って言いよったね~」って恥ずかしい話をされました。懐かしい(笑)今までありがとう、バイバイ大倉くん!!(軽すぎる)

 

 

2月

・平凡ブルータス(雑誌)

ぶっちゃけジュニア目当てで買ったし、買うまで表紙がJUMPだなんて知りませんでしたごめんなさい。おうちに帰ってオムニセブンの梱包を開くと「え”!?JUMP!?!?!?」しかもめちゃくちゃかっこいい・・・元々の購入理由だったJr.のページは、ヲタクの煽りでハードルが上がりすぎて、ぶっちゃけそうでもなかった(※個人の感想です!!!)

 

OVER THE TOP(シングル)

OTTも良いけど、カップリングの『FunkyTime』が大好きです。可愛いJUMPちゃん最高~~~!MVもメイキングもあるのに両A面扱いではないですよね・・・?

 

・東西SHOW合戦

当たると思ってなかったので、当選メールが来た時はびっくりしました!ちょうど帰省していたので、妹「姉ちゃんどこ行くん?」私「黙って!緊張する!」妹「え!?新橋演舞場!?!?」この無意味なやりとりを1万回以上やりました。謎。松村くんの『谷間汗北美』と『猫中毒』を見ることが出来て、本当に良かったです。

 

 

3月

・就活

リクナビマイナビ等の就活サイトには全く登録せずに就活に取り組みました。合説でナンパされて誘拐されかけたのは笑った!説明会が終わって会場を出た瞬間、全く知らない人に「あの、僕も今の説明会にいたんですけど、今から企業の場所とか見に行きませんか?今日車で来てるんで!」って声を掛けられて(笑)もちろんお断りして電車で帰りました。

 

 

4月

・5TAGE

SexyZoneに関しては完全に「ふまけん厨」でやってきました。この頃は本当にふまけん関連が多くて、自分が入った公演はもちろん、入ってない公演のレポをチェックするのも非常に楽しかったです。それにJUMP担だと中島くんと菊池くんなんて入所当時からずっと見てるわけで・・・すごくエモかった。

 

・Jr祭

ネットニュースにもなった、あの、たまアリ公演*1です。入ったのは2部だったのでナレーションは聞いてないんですけど。初めてアンコール抜けするか夜行バスを捨てるかという選択を迫られました。結果、2人とも欲張りなヲタクなのでアンコールが終わった瞬間、「元陸上部だろ!!!」と言いながら本気ダッシュで駅に向かい、乗り換えもダッシュ、無事に夜行バスに乗れました!奇跡! ※良い子は真似しないでね

 

・Dear(DVD)

あれ、『from.』どこ行った?メニュー画面のBGMだと???私が(地方で)観たコンサートはこれじゃない・・・

 

 

5月

・説明会と面接

そういえば就活中だったな~という感じですが、現場だけじゃなく企業説明会や面接に行きましたよ。受かったら実際に働きたいと思った企業しか受けなかったので、2社で済みました。取締役とスイーツ食べたり、人事とお弁当食べながらお話したなあ。

 

 

6月

・就活終了

ありがたいことに2社とも内定をいただき、より志望度が高かった方へ入社を決めました。よかったよかった。

 

・I/Oアリーナ

全滅!!!お~~~いJUMPさん!!私への内定祝いは???ここから長期に亘る髙木くんとのケンカがスタート。チケットは探さない、出演した番組は見ない、発売したCDは未開封のまま棚へ・・・同時に「浮気の夏」を決意。

 

 

7月

・Precious Girl / A.Y.T(シングル)

・I/O(アルバム)

上記の通り、どちらもお金を払ってTSUTAYAから本棚へ移動させただけ。

 

 

8月

・Mission K:

私ではないですが、初めての復活当選で連れて行ってもらいました。しかし失礼ながら、中島くんのことは「菊池くんのお嫁さん」という感覚なので「キャーかっこいい~!」ではなく「世界観すごいな。プリプリケンティワールド♡じゃないところが更に良い」など比較的冷静に盛り上がっていました。途中で青木アナが紹介され、MCが終わるかと思いきや!なんと登場したのは菊池くん!!!ふまけん!!!ふまけんオンザステーーーーージ!!!Really!?!? There is only ”FumaKen” on the stage!!!「あああ(泣)旦那さん来た(泣)」・・・しかし、これ以降のラジオや雑誌でふまけんが供給過多気味で、私のふまけん厨レベルが下がり始めました。天邪鬼。与えられすぎるとよくない。

 

・風 is I ?

全体的にすごく楽しかったしエモかった。初日に中島くんは行っていたのでふまけんの可能性はゼロでしたが、なんと佐藤くんが登場しましたよ~ラッキーでした。

 

 

9月

・5Years5Stars

何グループの現場行くんだよって思い始めた方もいらっしゃるかと思いますが、A.B.C-Zは本当に久しぶりでした。個人的に残念だったのは、3歳下の妹が「双子コーデもこれが最後かな」と言ったことです(泣)原因は私のリア友が妹に「まだ片方が10代だからセーフかもしれないけど、ギリだよね」と言ったこと。余計な事吹き込まないでいいから!コンサートは特別なんだよ!!

 

・少年たち

帰省中にチケット発送だったので事務局に返送&当日受け取りになりまして。行ってみると、なんと2階の最後列。でも日生劇場って上からでも観やすいんですね!良かった。

 

・Follow me

こちらはKAT-TUN担のお友達に誘っていただきました。亀梨くんと言えば私をヲタクの道に引きずり込んだ張本人なので、お会いできて光栄でした!知ってる曲も多くてすごく楽しかったです。

 

・JUMP結成10周年

浮気の夏を終えて、ついに髙木くんと仲直り!ごめんね&これからもよろしくね、髙木くん。

y-9but.hatenablog.jp

 

 

10月

・少年たちLIVE

私の松村くん名義は落選でしたが、安井くん名義(私のじゃないよ)が当ててくれたのでそのお相手と一緒に楽しく過ごしました。夜は他のヲタクを交えてゴハンに行き、成人済だと思っていた子がまだ未成年だったことに驚きつつサイダーで乾杯という可愛い会を開催しました。

 

 

11月

孤食ロボット(DVD)

DVD-BOXなんて買ったことなかったのに、仲直りの勢いから即予約で購入。

 

・GACHI

ふぉ~ゆ~兄さんの素晴らしいパフォーマンスを生で見られたことは、私の今後のヲタク人生にきっと良い影響があると思います。すごかった。

y-9but.hatenablog.jp

 

 

12月

・I/Oドーム

当たった~~~!!!よかった!!!JUMPに会えない絶望の10周年は、無事に回避できました!久々に「会えるだけで幸せ」という純粋な気持ちになりました。京セラドームに行かせていただいたので既に2週間以上経っているのですが、まだまだロスが止まなくて自分でもビックリ。たくさん他グループの現場に足を運んだ2017年でしたが、この公演終了の瞬間から「あ・・・髙木くんだけにしようかな・・・」「髙木くんだけについて行きたい・・・」と思い始めてそのまま年を越そうとしています。この話だけで記事が書けそうなので今度にしよう(笑)だって、Mステスーパーライブ号泣しながら見たレベルに拗らせてるんですよ・・・理由は分からないけどめちゃくちゃ泣きながら見た。

 

White Love(シングル)

シングルにしては珍しく、めちゃくちゃ歌番組で歌っても飽きないし結構好きです。真っ黒な衣装なのは本当に疑問ですが(笑)そして、特典DVDの面接が今までにない感じで面白かったです。髙木くんかっわいい~~~!!!でも1000000%内定は出ないよ!(笑)

 

 

- - - - - - - - - 

こんな感じで2017年もしっかりヲタクでした。来年も再来年もヲタクだろうな。優しいヲタク仲間にも恵まれて、一緒に遊んだりゴハン行ったり。私が行けなかった現場の髙木くんを報告してくれた方もいて、他担なのに視界に入れてくれてありがとう!!!そして事務所さん、今年もお世話になりました。私がヲタクでいるためにはジャニーズがジャニーズでいてくれる必要があるので、来年もよろしくお願いいたします。皆さん良いお年を!!!紅白歌合戦1組目のHey!Say!JUMPをどうぞご覧ください!!!

 

*1:デジチケ導入によるトラブル大発生。公演開始がすごく遅れたり声だけの出演で時間を繋いだり、確実にジャニーズ伝説に刻まれた。

4DX初体験してきました(ハガレンのネタバレ無)

お久しぶりです、師走(←言いたいだけ)ですが皆様いかがお過ごしですか。私は京セラドームの思い出にすがりながら、毎日なんとか生きております。コンサートから5日が経過しましたが、感想とかJUMPへの気持ちとかを文字にまとめられるほど落ち着くには至ってません。むしろ昨日のFNSでロス加速して本当にしんどい。WhiteLoveも良いけどやっぱ勇気100%が最高すぎた・・・JUMP大好き・・・(泣)

 

そんな私ですが先日、山田くん主演の『鋼の錬金術師』を4DXで観てきました。

wwws.warnerbros.co.jp

理由はただ一つ、髙木くんが「楽しかったよね(*‘∀‘)」ってすっっっごい可愛い顔で言ったから。私も髙木くんと同じ楽しみを味わいたい!先週まで「ん~、ハガレンとみせコドは別にいいや~」って言ってたくせに髙木くんの笑顔ですぐコレだから、ちょろいな私。

 

まず4DXの感想としては、シンプルに言うと楽しかったです。髙木くんがあんな笑顔になっちゃうのも分かる気がする~~~!とにかく風とか水とか匂いとか、臨場感が凄い。特別料金なのでプラス1000円かかるんですけど、その価値は十分にありました。本編が始まる前に4DXこんな感じだよ~ってお試し映像とともに実演があったんですけど、その時点で\わあああ髙木くんもこんな感じで観たのか~!/と興奮気味の私。想像してたより動きがあって楽しいです。某USJのバックトゥザフューチャーとかスパイダーマンをシートベルト不要のレベルまで下げた感じというか。けどアトラクションみたいに降下とかするわけではないので、この例えは軽く流してください。自分で言っといてすみません。え、ていうか検索して知ったんですけどBTTFもう無いの!?しかもだいぶ前から!知らんかった・・・ただ、本当に座席が揺れるので飲食物の持ち込みはおすすめしません。劇場的には「禁止じゃないけどこぼれないように気を付けてね」という感じでした。あと、水の演出もあるので荷物を濡らしたくない人のために鍵付きロッカーがあったり、服や髪を濡らしたくない人のためにウォーターOFFのボタンが各席にあったりと、細かい配慮もありました。私はONのままで観ましたが、ぶっちゃけ屋内とはいえ冬に濡れるのちょっと寒い(笑)けど本当に楽しいから、まだ間に合う人は誰か誘って行ってほしい~!今回私は1人で見に行ったのですが、4DXで見るなら誰かと行った方が良いと思います。通常の映画以上に終わった後の寂しさがハンパなかったので、「すごかったね!」「楽しかったね!」と盛り上がれる相手が欲しかったです。いきなり平日に「髙木くんと同じ楽しみを共有したい!」と言い出した私の勢いについて来てくれる暇な人なんていなかった・・・まあハガレンは3Dじゃないので専用メガネを掛けなくて済むのが唯一の救いでした。1人で3Dメガネはなかなかしんどい。

4DXは

・特殊効果が楽しい

・プラス1000円かかる(ただし相応の価値がある)

・飲食物の持ち込みは禁止じゃないけどおすすめしない

・人と行った方がいい

 

そして内容に関しては、山田くんお疲れ様!いつもありがとう!と感じました。ちょっと映画との繋がりが見えない感想で申し訳ないのですが、私が今ものすごいJUMPロスの渦中にいるので山田くんとエドを切り離して見られなくて・・・勝手にエドとアルの兄弟愛を全部のメンバー愛にJUMPに重ねてしまって、終始しんどかったです。しかもこれをJUMP全員で観たって言うからもうエモいエモい。スクリーンの山田くんを見つつ、まだ映画中なのに「帰ったら避けてたべスアも見てみよう(泣)」とか思っちゃってもう情緒が不安定すぎました。まあこの時も私の「ああ~じゃんぷううう~~~(;;)」という気持ちにはお構いなく座席はガンガン揺れてるんですけど(笑)(笑)(笑)

 

以上、ネタバレ回避したのでめちゃくちゃ書きにくかったですが、とにかくハガレン観てほしい。通常の2Dでもいいので。JUMPのファンでもまだ観てない人が多い*1みたいなんですけど、なんでなんだろう?普通におすすめ。※なんと4DXは今日までみたいなので、レイトショー間に合う人は是非4DXで!

*1:ドームMC調べ

髙木担による「ふぉ~ゆ~」と「Prince」

お久しぶりです皆さんお元気でしたか~。私は流行りに乗って風邪を引いていましたよ!ですが「はちみつ大根」というおばあちゃんの知恵みたいなやつが効果テキメンで、すっかり元気になったので今もし風邪ひいてる方がいたら是非はちみつ大根お試しください\(^O^)/

 

さてそんな私ですが先日、博多座での『GACHI』を観劇してきました!皆さんご存知ですか?あのシンプルにヤバイ(私の語彙力がヤバイ)舞台『GACHI~全力entertainment 4U~』

 

https://twitter.com/hakatazatheater/status/933888812689661952https://twitter.com/hakatazatheater/status/933888812689661952

そもそも髙木担である私がふぉ~ゆ~先輩の舞台を見に行った理由は2つ。

  1. チケットが一般で買えたから*1
  2. 会場がそんなに遠くなかったから(近いとは言ってない)

 

と言う感じで、当日も開演2秒でヤバイところに来てしまったと気付くことも知らず、呑気に駅で昼食を食べ、地下鉄で劇場へ向かいました。今思い返すと該当担の方には本当に申し訳ないのですが「チャンスがあるなら観てみたいな~」「ふぉ~ゆ~なら福田くんがイイな~」くらいのテンションで入ってしまったのです。さらに、偶然にも私が入ったのは辰巳くん31歳のお誕生日で。今までいわゆる『お誕生日公演』に入ったことが無かった私は「初めてのお誕生日が辰巳くんだわ(笑)」なんて話しながらゆるっと博多座に到着しました。

 

 

しかし!!!!

舞台が始まってすぐ、私はヤバイ世界に足を踏み入れてしまったと気付いた!!!!ナニコレ!?!?こんなダンスあるの!?!?いやいやいやヤッベェ!!!!と、心が大暴れ。今まで映像では何度も見ていて、ダンスが上手いということも分かっていたはずなのに。ふぉ~ゆ~やべぇ。本当に意味分かんないくらい揃ってて、今まで思ってた「ダンス揃ってる」の定義が全て吹っ飛びました。映像でならHey!Say!JUMPだけでなくいろんなジャニーズのダンスを見てきたし、ふぉ~ゆ~のダンスも見たことあったのですが、実物は想像の遥か上でした。そしてビシっとかっこよくキメた後にはバッチリ笑いをとっていて、同世代だったら絶対友達になりたいと思いました(笑)そして紫吹さんとの相性もぴったりで、クリエから一緒にやってるもんだと思ったら博多座から出演と聞いてびっくり!ダンスだけじゃなく人と関わるのも上手なんだなあと、4人の愛され気質を感じました。ここまでをまとめると、

 

私的ふぉ~ゆ~ヤバイポイント

1.衣装がヒラってなって、戻ってくるとこまで揃ってる
2.振りの種類が見たことないやつばっかり
3.芝居の中にダンスがあるから、もはやダンスなのか団体芸なのか混乱
4.めちゃくちゃ面白いからモノマネも上手そうと思ったら普通(笑)
5.踊り始めると身長差を感じない
6.真剣な時と面白い時のギャップはんぱない

 

 

そして今回初めて体験したのが「舞台なのに声を出す」ということ。曲中にお客さんの声を求める箇所が結構あって初めは驚いたのですが、周りの方に合わせてしっかり参加させていただきました!それにしても皆さん完璧で、私たち以外全員クリエから来た???と思うほどでした(笑)

カテコでは辰巳くん31歳のお祝いをしたのですが、ハッピーバースデーの歌って普段そう呼んでなくてもニックネームだったりするじゃないですか。例えば「髙木くん」って呼んでてもステージで皆とお祝いするとなると『ディア雄也~~~』みたいな。けど辰巳くんは『ディア辰巳~~~』だったのが個人的にツボでした。ファンの皆さんも普段から「辰巳」って呼んでます???

そんな4人はもうすぐ入所20年を迎えるということで、その経験を活かしたトークはすごく安定感がありました。本人たちはそこまで意識して喋ってるわけではないと思いますが、面白さ・優しさ・愛がたっぷり詰め込まれているように感じました。顔面ケーキの準備をする様子を見ないようにして1人で喋ってた辰巳くんが、すごく可愛らしかったです。時間がたくさんあったので、メンバーやファンへのメッセージだけでなく(私のように)今日初めてふぉ~ゆ~を見に来た人にもコメントしてくれた辰巳くん、ありがとうございます!皆さんの思惑通り、がっつりハマってしまっています!ということで追加的にまとめると、

 

私的ふぉ~ゆ~ヤバイポイント

7.初ふぉ~ゆ~の人へ「もう捕まえましたよ?一生離しませんからね??」by辰巳くん
8.一通り真剣に喋ったら「もういいでしょ!もうね!真面目にやったからね!」by福田くん
9.ハッピーバースデーの歌がシンプルに苗字
10.顔面ケーキのノリが完全に中学生

 

本当に良すぎて次の日も当日券買って行こうかと真剣に悩みました!まあ都合によりそれは叶いませんでしたが、1公演だけでも観劇して良かった~~~!!!と心底感じております。ふぉ~ゆ~・・・ヤバイ・・・(目の前に沼が見える)とにかく、素敵な舞台を博多座でやってくれて、サンキューサンキューで~す!!!!

 

 

 

そしてその数日後、私は『PrincePrincePrince』を入手しました。

Prince 1st PHOTO BOOK 『 Prince Prince Prince 』

Prince 1st PHOTO BOOK 『 Prince Prince Prince 』

 

こちらはジャニーズJr・Princeというグループの写真集です。Princeについて気になる方はぜひPrince担のブログを読んでみてください(他力本願)。今回なぜ髙木担の私*2がPrinceの写真集を1か月以上前から予約して買ったのか。それは

  1. ノリと勢い
  2. 「あ~!お金を落としたいな~~~!!」の対象だから

何か、好きとか推す推さないとかじゃないんですよね。お金をあげたい。

 

 

そんな流れで購入した写真集。まずは表紙。シンプルにイケメン・親近感あるイケメン・可愛いイケメンというキャラ被り無し、ただしもれなくイケメンという3人が並んでいる!バランスが良いね!!!そして各シーンの感想は以下( ↓ )

f:id:Y_9but:20171204100905p:plain

 

さらに、僭越ながら個別インタビューの感想も書かせてください。

 

▽神宮寺くん

私がちょっと気になってた頃がちょうどチャラいキャラだったんですけど、あれは考えた結果だったのか~。イイ。そういうの私的GOOD!そして、いつの間にか『チャラ宮寺』から『国民的彼氏』と言われる素敵な男性に成長した神宮寺くん。天然なお兄ちゃん岸くんと可愛い彼女岩橋くんに好き好き言われるのは想定内でしたが、思った以上に神宮寺くんが2人のことを大好きで素敵かつ可愛いなと。Hey!Say!JUMPのコンサートに道着で出てたのとか、「スプラウト*3の航くんとか、懐かしいな~~~と思ってたらiPodのシャッフル機能が「花えがお」を流してきたよ!さすが私のiPodちゃん!!

 

▽岩橋くん

めちゃくちゃ悩んでたのが去年っていうのがすごく意外でした。お腹痛くなっちゃう岩橋くんが、素敵なお兄ちゃんになって堂々とステージの真ん中で輝いてるように見えてたから。けど「自分はアイドルだ、Princeだ」っていう気持ちが大きい分、悩んでることを見てる側に感じさせないのが岩橋くんなんだなとも思いました。『心が弱い』って挙げてるけど、弱さを知ってる人は強いと思うから。岩橋くんが他の人を支えてる部分もたくさんあることに気付いてるかな?これからもPrinceとPrincessで支え合ってほしい。

 

▽岸くん

2人が『実はお兄ちゃん』『人から言われたことを気にする』『実は人見知り』とか、普段のイメージとは違う項目を挙げているところから、やっぱり素敵な関係だな~と思いました。普段はおバカな感じ・下っ端な感じでやってる岸くんですが、実際は「この場面で求められてる岸優太はこんな岸優太」というのが分かってるんじゃないかなと思います。それが無意識か意識的かは分からないけど。どっちにしても「自然体のプロ」って呼びたいです。あと、個人的に「お兄ちゃん、ガチャ」大好きです。

 

そして、3人とも共通してPrinceを運命だと思ったのは今年のキントレというのが、ちょっと意外でした!それまでもPrinceはいいグループに見えてたし、コンサートしたりジャニフワで博多・大阪に長期滞在したりで団結力もあるだろうな~と思っていたので。でもその仕事ってキンプリだったり平プリ*4だったりして、なんだかんだPrinceが単独でがっつり公演したのが今年のキントレだったんですね。他担なのでこういうところに気付きにくいのはごめんなさい・・・夏のコンサートでPrince力が強まり、秋には写真集を出した3人が冬にはプリンスホテルでの公演!!それに、ハピアイ*5では東山さんと共演。少年倶楽部で少年隊メドレーを披露したPrinceは、少年隊さんの映像もたくさん見たと思います。そんなPrinceだからこそ築ける東山さんとの関係性とかもあるんだろうな~。これからもPrinceとPrincessに幸せがたくさん訪れてほしいし、私はそれを少し離れたところから見ていたい。そんなPrinceの写真集『PrincePrincePrince』、まだご覧になってない方はぜひご購入をおすすめします~!

 

P.S. 岸くんの「刹那」は何で刹那なの?どのポーズのことかは知ってるんですけど、名前の由来が知りたい。

 

*1:購入後、まだ余ってそうだったので某チケットサイトを見るとめちゃくちゃ定価割れしてたけど、公式から定価で買ったことに全く後悔はしてません

*2:以前にもちらっと書いたことがあるのですが、Jr.だとSixTONES松村北斗くんが好き

*3:知念くん主演のドラマ、2012年夏クール

*4:KINGや、KINGの平野くんとPrince

*5:冬の帝国劇場