夏休みの工作

こんにちは~~~てまりです。
サマステも終わり、すっかり夏が終わったという感じですね。私が現地で見届けたのは非常に短期間だったけれど、侍と姫ならどこへでも行ける気がした。クリエが世界の中心だったように、EXは世界の中心だった。


しかし!やっぱり納得できない部分も沢山あるよ!!出番かグッズか、どっちかだけでも、もうちょっとくれ!!!


ということで私は夏休みの工作を始めた。作ることにしたのはサマステで販売された個人メモ。正直、合同公演というのは名ばかりで、な・ぜ・か・ HiHiJetsと美 少年の計11種類というラインナップだった。HiHiが青、美が赤と来れば、侍はやっぱり緑だろう*1ということで、材料として緑の製本テープを買いに行った。近所のホームセンターには無かったため、街に出た時に東急ハンズで購入した。


次に集めたのは素材となる画像とロゴ。ちょうど最近の雑誌が夏らしくて良かったため、素材として採用した。
f:id:Y_9but:20190825200018j:plain


そして7MEN侍のロゴと言えば嶺亜様が描いた素敵なロゴがある。個人で楽しむ範囲内ということで、ロゴをトレースさせていただいた。
f:id:Y_9but:20190825200034j:plain



そして、本物の構成は表紙も中2種もすべて個人だが、私は簡易的に表紙を集合にして、中を個人6種にした。人物抜きが想像以上に大変で、自動で境界を作るとガタガタしてしまったため試行錯誤しながらの手作業となった。私は決して得意ではないイラレを使ったが、スマホアプリでも十分いい感じのものがあるらしい。そしていらすとや様に各楽器のイラストがあることを確認し、すべてを配置していった。
自分用なので家のプリンターで出力したが、比較のために1部ずつコンビニで高画質に出力してみた。実物を見るとかなりの差があったが、自分用メモは消耗品なのでまあ気にしないことにする。学校によくある裁断器があれば良いのだが、私の家にはハサミとカッターしか無かったためまたまた地道な作業でカットした。

あとは重ねて1辺にボンドを塗り、乾いた頃に製本テープを貼り付ければ完成!
f:id:Y_9but:20190825194618j:plain


出来た~~~!!!
f:id:Y_9but:20190825195337j:plain


ちなみにカットを失敗したものや試作段階で出力したものをかき集めてまとめたメモは、母のお買い物メモとなっており、「今日は誰にしようかな~」とそれなりに楽しんで使われている。

これを完成させて感じたことは、やっぱり公式が欲しい!!! 侍チャンネル*2も出来たことだし、アクスタ!!まじで!!!

*1:クリエ参照

*2:YouTubeのジャニーズジュニアチャンネル、金曜担当になったので是非ご覧ください♡

2019年の上半期を振り返る

今週のお題「2019年上半期」 ←先週書き始めたから許して

***

こんにちは~~~てまりです。上半期おわったね。早いな~もう7月か~~~。

社会人になって、この「上半期」とかの表現がすごく苦痛になりました。上半期、上期、下期、第○四半期・・・とか。『第一四半期おわったけど、行動計画ちゃんと実行できてる!?』『上期の売上も件数ぜんぜんだね!?』『第2四半期はじまったよ!?どうするの!?』こんな話しかないもん。あ~嫌だ。



先日とある機会で、自分の
・出来ること
・やりたいこと
・やらなければならないこと
を書き出すように言われました。

私は昔から特技が無くて普段なら1つ目の『出来ること』の欄から空白なのですが、この日は自分についていろいろ振り返ってみた結果の記入だったので、ノリで何かしら書けました。周りの人と話しながらでもOKだったので「あ~~~わたしはこれが好きかな~~~確かに他のことよりはこれが得意かも~~~」みたいな。

で、書き終わって見てみたら、今の仕事だと何にも活かせないし、むしろ今の業務内容って私の苦手分野しかなくて(笑) そりゃあ仕事しんどいわ(笑) 仕事中、ほぼ自分の嫌いなこと苦手なことしかしてないんだから。要するに、私この仕事向いてなさすぎ!って気付いた上半期でした。*1



ちなみにヲタクとしては担当・推し*2共にたくさん現場があって、お金は飛んだけど幸せな上半期でした~~~!

ドーム、チェンエラ、PAGES、QE、クリエ。あと、プラスで別の現場2つにもお邪魔しました。どれも最高で、やっぱりジャニーズすごいな~~~と。それから、少年たちの映画も観ました!かなり低下した動体視力で必死にこんぴ探しw 7回目の観賞でようやく見つけましたwww



あと、資格も1つ取得した!現場ラッシュと被ってそれなりにハードでしたが。楽しい楽しいコンサートの行き帰りに新幹線で勉強したのも思い出です(笑)

てなかんじでプラベ忙しすぎる&お金がだいぶ必要なので、心削りながら日々働きます~~~泣。

*1:なんで1年目で気付かなかったんだ私

*2:この区別については2つ前の記事みてね

好きな色と自担の色

こんにちは~てまりです。
唐突に、メルペイ始めようかな~なんて検討してる今日この頃です。なんちゃらペイ未経験者なので、いろいろ調べてどれが良いか比べてる。



で、今日は好きな色と自担のメンカラの関係について。皆さんは何色が好きですか?その色が好きなのは何故ですか?



私が昔々大好きだったアイドルはメンカラが緑で、身の回りの物も緑で固めてた。私は緑に対して可愛いという気持ちがたぶん無かったけど、私は緑が好きなんだ!って信じきってた。なんかよく分からない葉っぱ柄の筆箱とか使ってた(笑) 友達からの誕生日プレゼントは大体ガチャピンで、私的にはぜんぜん可愛くなかった。

つまり、よ~~~く思い出してみたらみなくても、私が好きなのって緑ではないな???



小学校に入るとき、女の子ってやっぱりランドセルは赤が多いじゃないですか。今でこそ24色展開!とかやっててキッズ達もいろんな色のランドセルを背負ってますが、私の頃はほぼ皆が赤。濃い赤、薄い赤(朱色かな)くらいのバリエーションは売ってたけど、それでもベーシックな赤ユーザーばかり。(いやベーシックな赤って何だよ、各赤ごめんな)



で、6才の私が欲しがったのはピンクちゃん。



この色が好きなのはもちろんだが、私はどうも「当たり前」に従わない性分らしい。何かきっかけがあったわけではなく、生まれたときから脳に組み込まれていた。そんな私にとって、人と同じベーシック赤のランドセルを持って田舎道を歩く姿なんて、考えられなかった。*1



しかしながら私の要望は母によって却下された。え~~~ん!クソババァ~~~!泣*2 ただ、どうしてもアイツら(そのへん歩いてる小学生)と同じ色が嫌だという点だけは容認してくれて、結局ピンク系の濃い赤(?)になった。



大人になってから知ったことだが、当時まだカラフルなランドセルが主流ではなかったため、危ない大人に「あのピンクのランドセルの子」と覚えられでもしたら・・・!という母なりの心配があったらしい。今だったら何色持っても良いよ、だって。



てことで私の好きな色はピンクなんですけろ(cv.ゆうぴ)、特に濃くてハデなやつね!NOTパステルピンク!あと、キャラはガチャピンじゃなくてキティちゃんが好き。

あと、金色も好き。ゴールド。きらきらピカピカ光るもの大好き~~~ラメも最高~~~。そんな2つが奇跡のコラボを果たした「ピンクゴールド」っていう色があって、それもまた可愛い。ちなみに腕時計はピンクゴールド。



そんなこんなで緑の彼を降りて以来、メンカラで持ち物を選ぶことは無くなった。*3ピンクが好き、という自分の気持ちを尊重することにした。仕事でも、自分用メモにはピンクのペンを使っている。本体ではなく、インクがピンク色の。イヤな仕事も、なんとなくメルヘンな気分になる。気がする。

年齢的に落ち着きなさいなんて声には従わないヨ(盛大にピーーース)

*1:当時6才

*2:と感じたかどうかは覚えてないけど。

*3:まあ今野くんはピンクだけど。

真剣に愛してみることにした

こんにちは、てまりです。



久々に、出会ってしまった。

担いたいアイドルに。



私をよく知っている方から見れば、私は担当制度を放棄しているように見えるかもしれない。しかし、私の中では「担当」と「推し」をキッチリ分けて考えている。担当は、その人のために人生を捧げたい対象。一緒に歩んでいきたい人。その人の人生を邪魔するものは全て排除してあげたいとさえ思う相手。一方で推しは、ステージ上でキラキラしてるのを見てたい相手。私が出来ることと言えば、相応のお金を払うことくらい。



つまり、言い換えると担当は自炊、推しは外食。担当は自分の畑で育てた野菜、推しは買ってきた野菜。担当は家で淹れたコーヒー、推しはスタバみたいな。(非常に分かりづらい)



少し前まで、私の担当は髙木雄也くんただ1人だった。他は推しである。中でも隠れて推していたのが、今野大輝くん。しかしこの度、彼を担当にしたい、しなきゃいけないという使命感に駆られた。



今年のクリエ前、7MEN侍にはいろいろあった。もう書きたくもないが、いろいろあった。毎日泣いていた。私が入る公演は最終日だったので、レポや皆からの報告を貰っても、自分の目で確かめるまでは雰囲気が掴めなかった。



当日、連番する友人に「隣で号泣してたら無視していいからね!」と前置きしている内に、公演が始まった。私は正直、彼らを見ただけで泣くのではないかと思っていた。しかし、実際は全く泣かなかった。というより、泣いている場合じゃないと感じた。7MEN侍と一緒に、これからどこまでも進んでいきたいと感じてしまったから。



そんなこんなで中村嶺亜様による最後の挨拶(めちゃめちゃニュアンス)。


僕達は日々の嫌なことを忘れるためにステージに立っているのではなく、それを乗り越えるために立っています。


本当に彼は素敵なアイドルだ。そして強い男。凄い。



話が逸れかけたが、私が担うのは嶺亜様ではない。ずっと推していた今野大輝くんである。前髪が長すぎる、と言いながらいつの間にか目で追うようになった今野くんだったが、classmate Jの間は離れてしまっていた。7MEN侍になって再び推すようになった理由は・・・はっきりとは分からない。とある日の、Rの法則だった気がする。ただ、推している間は「可愛い!こんぴちゃん可愛い!!!」だけだったのが、いざ担当となるとかっこいいと感じるシーンが沢山ある。担当だからかっこよく見えるのか、かっこいいから担当にしたのか。



つまりこの記事の頃には、とっくに今野くんを推していた。HiHi担に連れていってもらったことは事実だが、既に今野くんのキンブレを振っていた。何となく隠してた今野推し。
y-9but.hatenablog.jp




ただ、今野くん関連でHDDの整理をしていると、または画像の整理をしていると、常に隣には彼が居る。私は2人が大好きだったため、全てにメソメソしてしまう。もう知らない人も多いのかもしれないが、約10年前、髙木くんのところでも同じようなことがあった。あの時はどうやって立ち直っただろうか。何年も経ってV6さんと一緒に24時間テレビのパーソナリティーを務めた年。あの時にようやく9人を受け入れ、前を向けたことを思い出した。今回もそれくらい時間がかかるのかもしれない。はたまた、もしかしたら明日にはケロっとしているかもしれない。



こんな私ではあるが、これから髙木くんと今野くんの人生を支える1000万分の1ミクロン位になれたらいいなと思う。まるごと愛していこう。

たまには本でも読んでみた

こんにちは~てまりです。6月って同い年アイドルの誕生日が多くて、あ~~~私もあと数ヵ月で○歳になるんだな~~~と感じます。



さて、前回はヲタクのことが大好きだよっていう記事を書きました。そして書いた後、改めて私の仲良しさんたちのことを思い浮かべてみました。

y-9but.hatenablog.jp



皆カワイイ~~~!!可愛い!!!え?なんで私はこんなに可愛くないの!?こんなにブスなの!?これからオバサンになっていくだけなのに!?どうしよう!!



という時に書店で見つけた本がこちら。

「美人は性格が悪い」って本当! ?  ブスが美人に憧れて人生が変わった話。

「美人は性格が悪い」って本当! ? ブスが美人に憧れて人生が変わった話。


表紙のインパクトよwww 電車では読めないかなwww ただ、内容はとてもしっかりしたものでした。元ブス*1のフジコさんという方が、ブスの生態から美人の特徴、ブスが元ブス(≠美人)になるステップやらいろいろ書いてあって、すごく勉強になった。そして、すごく衝撃を受けた。だって私ガッツリ同じことやってるから!!!デブでブスな上にめちゃくちゃ病んでるって、ほんと良いとこないな!!!プロのブス、達人じゃん!!!



とにかく全部共感しかなかったです。店を選ぶのは美味しい、好きじゃなく安さで判断する。楽しいためじゃなく悪口言うため、こんな自分を肯定してもらうために人に会う。あ~~~ワカル!!!



この本を読むまで私は自分のどういうところがブスの素になっているのか、自分で全く気付けていませんでした。そして、皆が美人(容姿に限らずね)である素にも気付けていませんでした。例えば『美人は人を褒める』って書いてあるんですけど、私の場合「私に褒められてもそんなw 嬉しくないよねw」ってなります。でも周りの皆は、こんな私のことも何かしら褒めてくれるじゃん!すごい!!美人!!!



本の最後の方に、こんな問いかけが本にありました。

あなた様が本当に欲しいのは、見た目の美しさですか?
それとも、本当に欲しい物を得るために、見た目の美しさが必要なのですか?

私はギャルになりたい、可愛くなりたい。漠然とそう考えていたけど、そもそもギャルって何ぞや???と聞かれて答えられませんでした。でも私をよ~~~く知る人に言われた言葉がめちゃくちゃビンゴでした。



『自分を強く持つこと、自分に自信を持ちたいってことでは?』



すごい名言なんですけど!(単純)
なるほどなるほど、私は自信をつけるために美人になりたい!!見た目の自信はもちろんだけど、特に中身について。顔の見えないTwitterやブログでさえ「私なんかが書いてもど~~~せ(-_-)」って思ってしまうから。可愛い服とか着ても全く似合わないもんね~~~服は無罪なのに!!!自信ほしいね、根拠のある自信。



そんな私の、最近のお気に入りソング。
https://sp.uta-net.com/song/233604/

まじ強すぎ。

*1:この本の中に出てくる表現です