来世もあなたの羅針盤

その顎が好き。

該当担じゃなくても楽しいジョイポリス

 

どうも~テマリです。

先日は、日生劇場で『少年たち』を観劇して参りました! 毎年のことながらとっても素敵な舞台だったのですが、レポや感想は他の方々にお任せします(笑)私は書きません(笑)

 

 

 

ということで何を書くかと言いますと、翌日に行った東京ジョイポリスについてです!ご存知の方も多いかと思いますが、東京ジョイポリスでは現在A.B.C-Zとのコラボ企画が開催されています。









tokyo-joypolis.com

 

 

これが、とっっっても楽しかった!!

一緒に行ったのは、私と同じく該当担ではない2人。わりと1人で来てるえび担お姉さんもいました。ちなみに、全てがA.B.C-Zコラボというわけではないのでヲタクだらけという感じでもないです。

 

 

では1つずつ手短に感想&解説を(^_-)-☆

ネタバレしたくない方はここでストップ(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【コラボチケット】

入場券 = 800円

入場券+ロゴ入りパスケース = 1700円

入場券+アトラクション乗り放題+画像入りパスケース = 5200円

 

私は入場券を購入・・・

 

 

【ウェルカムボイス】

入場ゲートを入る時に、メンバーの声で迎えてくれます。ただし完全に閉まってからでないとボイスが流れないので、人と連続で入ると聞けない可能性アリ。再入場可能なので自分で出る入るを繰り返してもよし、外で待機して人が入っていくところを聞くもよし。

 

 

【プリントシール機】

メンバーと並びたいわけではないので撮影しませんでした(笑) 私は映らなくていいので、グッズとしてステッカーを売ってくれればいいのにな~~~なんて。

 

 

【コラボフロート】

出てきたときは『思てた感じと違う・・・』ってなるんですけど、じわじわ泡になっていく粒がプリティ♡ メンバーカラーに沿った人のステッカー(赤いフロートなら橋本くん)が付いてきます。iPhoneユーザーの友人はスマホ本体に河合くんを貼って『ふみフォン☆』と言っていました。※ただし3分後にはがしていた 売り場が分かりづらいですが、ほぼ出口のとこです。むしろ外からでも買える。

 

 

A.B.C-Z Cafe】

メニュー名は全て曲名に絡めたもの。バーニャカウダよく分からないけどおなかが空いていたので『ABC STAR LINEパスタ』を注文。結果、ニンニクの香りが取れなくなった!! ブレス〇アしゅってしたし夜にはきちんと歯磨きもしたけど、翌朝まだ香るバーニャカウダ。追いブレス〇アで出勤したよ・・・ 誤解のないように言っておくと、味はとっても美味しかったです!!

そしてメニュー名や見た目が可愛いのはもちろんですが、特典としてアクリルキーホルダー(通称・アクキー)がもらえます。なんとこのアクキー、好きなものを選ぶことができます!優しい!!コナンカフェ*1でもらえるアクスタは、中が見えない箱でランダムだったのに。A.B.C-Z優しい~~~!!!

さらに、店内には展示パネルがあるだけでなく、モニターで歴代のPVがずっと流れています。若い。可愛い。

 

 

【アトラクション】

乗ってないのでよく分かりません(笑)怖そうだった(笑)

 

 

【オリジナルグッズ】

缶入りキャンディがよく売り切れている様子。えびせんは割れないように上下にプチプチが入っています。ヲタクに優しい。

東京土産も少しあるので遠征組はここで済むかも。実際、私はここで済ませました。しかも東京駅などで見ないものが置いてあるので、お土産を貰ったほうも嬉しい(かもしれない)。

 

 

【デジタルスクリーン】

上手くやればメンバーと並んでる風の写真が撮れるのですが、私のスマホポンコツなのか、光って光って自分が写らない!!そこはiPhoneの出番です。やっぱり写りが良い。

と、書いていて思い出したのですが、その友人と写真撮るの忘れた~~~普段あんまり写真撮らない人間なので、こういうときすぐ気付かない。

 

 

【デジタルライブ】

12,15,18時+平日19時半に開催されます。20分くらい前にアナウンスがあり、ぞろぞろヲタクが集まり始めます。私たちはどんな感じか良く分からなかったのでとりあえず30分前に行ってみたのですが、まだ人はまばらで。運よく最前列を確保できました。ただ、けっこう広い面に映し出されるので近すぎると見づらい部分もあったりします。係のお姉さんも『2,3階から見ても楽しめます!』と説明していました。

そしてペンライトの持ち込みがOK、むしろ推奨されているので、上階から見ている人は2バル立ち見、3バル立ち見って感じ。

 

 

 

 

 

 

 

以上の体験談から、私的オススメの回り方は

激しめアトラクション ⇒ 12時デジタルライブ(1階前方) ⇒ コラボカフェでランチ ⇒ 穏やかアトラクション ⇒ 15時デジタルライブ(1階後方) ⇒ フロート ⇒ グッズ購入 ⇒ 18時デジタルライブ(2or3階)

 

これなら1日で満喫できるのではないでしょうか! アトラクションに乗らない私はもっとゆるゆる過ごしましたけどね~~~

 

 

 

最後にもう一度リンクを張っておきます。10月14日までなので、まだの方は是非!行ったけどおかわり検討中という方も是非!!

 

tokyo-joypolis.com

 

 

*1:期間限定でここ数年開催されている名探偵コナンのコラボカフェ

サマーステーション2018に潜入した話

 

こんにちは~、テマリです。秋ってこんな突然だったっけ!?寒い!!

髙木くんコンサート頑張ってるんだろうなぁと思いながら地方でお留守番してます。去年に引き続き、また全滅した(^○^) 笑うしかない。

 

 

 

さて、最近のネタが無いので、今回はちょっと夏を振り返ってみます。

 

今年の夏は、初めてHiHiJetsの現場に潜入しました!サマーステーション!!裸の少年!!!もちろん付き添いだったんですけど、結論から言うと付き添いでも楽しめるHiHiJetsでした☆

 

 

 

まず私の潜入が決まってから、家ではHiHi公演に入るための授業が始まりました。

講師:My妹(クリエ済)

必修:2科目 ~HiHiJets公演のすゝめ~

 

▽1限目:FIRE!!!▽

EY×4 show me your Fire! \ファイア!!!/

EY×4 Hey! You're Liar? \ライヤ!!!/

 

そして、『俺の流儀ィ~~~』の振り付け。

ほうほう。難しいことはないね。

 

 

▽2限目:だぁ~くねすどらごん▽

他の歌詞は覚えなくてもいい、高橋くんが『ゆうぴーです(^_-)-☆』って言ったら歓声あげろ。

ということで、\キャー!!!/の練習。ただし『ゆうぴーです(^_-)-☆』って言わないかもしれない。なんだそのトラップ!?!?

 

 

 

 

こうして臨んだHiHi公演。FIRE!!!の掛け声はカンペキでした。そしてだぁ~くねすどらごんの台詞は、

橋本くん:タケコプタ~~~

井上くん:おいのび太ぁ、野球やろうぜ!(ハイクオリティ)

高橋くん:えっちぃ!!

猪狩くん:きゃ!のび太さんのえっち!!

作間くん:・・・えっちじゃないよぉ(´Д`)

 

言わなかった。

先生、ここテスト出るって言ったじゃん!?サービス問題だと思ってたのに!?!?そんなことより井上くんのジャイアンがハイクオすぎてびびった。

 

ところでこのだぁ~くねすどらごんの歌詞は猪狩くんが書いたそうですね?是非JUMPの紹介曲も自分たちで書いてくれ~~~(拝) 髙木くんが『いのちゃん』って呼ぶ違和感ねホントに。

 

 

そしてYellowGoldで和服着て和太鼓叩くのは斜め上の発想。ジャニーズの和服・和太鼓は無条件にカッコイイから良い。

 

 

前にEXでSixTONESがバスケしたときも狭いなあと思ったんですけど、今回のHiHiはローラーを履いていて勢いが付くということもあって、もっと狭く感じました。スレスレまで来ちゃってる・・・落ちない?大丈夫?? しかも私が行ったのは7MEN侍(スケボー)がいたからタイヤが多い!!!みんな安全第一!気をつけてな!!何卒!!! 

 

少年倶楽部ではいつも観てるけど、HiHiリアルJetsめちゃくちゃ楽しかったです!!内輪ネタがあんまり無いからかな?外野の私でも大満足でした!ありがとう~~~

f:id:Y_9but:20180913212722j:plain

私服も私物もストライプ。

 

 

担降りの概念(※個人の見解です!!)

どうも~、テマリです!
今年も少年たちが始まりましたね!私は例年通り1公演のみの観劇なのですが、すっごく楽しみ~~~!!!少年たちのレポはバンバン見る派です。千秋楽まで無事故で頑張れ~~~♡


さて、今回はTwitterのマシュマロでブログテーマを募集してみました!
すると早速こんなリクエストをいただきました。

自分なりの担降りの概念教えて欲しいです。
推しとか掛け持ちとか...


わ~~~難しい!担降り!?・・・したことはあるけど(笑)
※今から書くのはめちゃくちゃ個人の見解なので本当に読み流してください※


ということで、自分なりの担降りについて。
まず、担降りって2種類あると思うんです。
①気持ちが完全になくなってファンを辞める
②本当は好きだけど、何らかの事情でファンを辞めなければならない


私は両方とも経験したのですが、結論から言うと②は苦しすぎた。
好きなのに避けるのは耐えられん。
詳細は過去記事で・・・
y-9but.hatenablog.jp
y-9but.hatenablog.jp

【要約】
全く嫌いになってないけど、なんやかんやあって菊池くんを降りるために避ける

苦しみながら、お別れ公演(勝手に命名)に行った*1

避けててごめんね菊池くん大好き!




ということもあり、私にとって担降りは、しようと思ってするものではないです。
気持ちが完全になくなったら担降り。
お金をかけたくなくなったら担降り。
テレビにちょうど本人が出てても、それを見ながら剥がしたポスターを適当に紐でくくってたら担降り。
掛け持ちの場合、A君のグッズを売ってB君のグッズを買う費用にしてたらA君は降りてる。
前述で言うと、①の担降りしかできません!私は!


①の担降りは、本当に自分でもびっくりするくらい気持ちが無くなりました。
まだ売りきれてないグッズとかが部屋にあって、「さっさと売れてくれないかな~~~」とか思っちゃってます。
楽しい思い出はたくさんあるんですけどね。
もういいかなって思った。ごめん。




で、改めてテーマを確認すると、

自分なりの担降りの概念教えて欲しいです。
推しとか掛け持ちとか...

理解力不足で申し訳ないんですけど、これって『掛け持ちの中の1人を降りる』ときの話です?私はかつてA君とB君を掛け持ってて、その中でもA君の方がより好きだったんですけど、10年くらいたったときなんだかA君への気持ちが冷めていったんですよね~。経緯も何もない、勝手に冷めていった。なんかこの記事雑で読んでくれてる方には申し訳ない・・・


ところで『推し』っていつから言うようになったんですかね?ジャニヲタって推す文化なかった気がするんですけど、私が使ってなかっただけかなぁ。
今も私はあんまり使ってないワードですが、うちの妹は『担当ほどではないけど好き!』みたいな人に推しって使ってる気がする。
でも文化には逆らわないタイプなので、そのうち使うようになると思う。むしろ既に「お前さっさと推した方がいいよ・・・」って感じだったら教えてくださいm(_ _)m



結論
よく分からないですけど、私なりの担降りの概念としては『担降りは勝手に気持ちが冷めるもの』
※何度も言うけどまじで個人の見解なので異論・反論は心の中に留めておいてください・・・何卒。



テーマくれた方ありがとうございました^^
またお待ちしてます^^

*1:今思えば、コンサートに行っている時点で降りれない気配しかない

最近は、本を読んでいます。

お久しぶりです、テマリです。

ずいぶんご無沙汰になったブログ。今後はもう少し更新をしていきたいと思っています。内容は薄いと思うけど。

 

突然ですが社会人になって5ヶ月が経った今、自分の話が通じない・人の気持ちが理解できない・人の話を引き出せないといった問題が浮き彫りになってきました。特に『人の気持ちが理解できない』はわりと大きめの問題で、もう永遠に他人と分かり合えないかもしれない、とか思い始めている。

f:id:Y_9but:20180902124357j:plain

 

とりあえず『社会人の言葉遣い』『ビジネス会話』などの本をパラパラとめくってみたけれど、実際こんなこと言う人いないよな?という怪しい本ばかり。結果、話し方とは全く関係のない本をたくさん読むという習慣ができました。以前から好んで読んでいた小説に加えて、最近ではビジネス書?実用書?っぽい本も読んでいます。

と、ここでそもそも私が読んでいるのはビジネス書なのか実用書なのかという疑問が生まれました。普段から「そもそも〇〇って何?」と言われているのでこういう疑問は放っておけません。

検索すると、

ビジネス書・・・ビジネスパーソンが読む本。読むことで自分の考えの素になる。

実用書・・・その他、日常のためになる本。読んですぐ役に立つ。 

ほ~。レシピ本とかが実用書ってことですね。一つ賢くなったところで、最近のお気に入りを2冊。

 

①世界にひとつだけの「カワイイ」の見つけ方

これは完全に見た目で購入。東京に遠征した時、帰りの新幹線まであと10分しかない!けどお土産も買いたいしぼっちの私は本がないと家まで暇すぎる!!という焦りの中で購入しました。その時は新刊ということで、けっこう目立つところに置いてありました。私は派手なモノが大好きなのでこの表紙は凄く魅力的で、著者の増田セバスチャンさんも知っていました。しかしセバス()の背景なんて知らなかったし、カワイイがアニメ等と並ぶ日本文化になってることは知らなかったので、テキトーに買ったとはいえ良い選択だったなと思います。

ちなみに今は上司(オジサマ)に貸し出し中。 

世界にひとつだけの「カワイイ」の見つけ方

世界にひとつだけの「カワイイ」の見つけ方

 

 

 

②誰にも見つからずに泣いてる君は優しい~皆みたいに上手にできない~

これもまあ見た目で買いました。ですが上のとは違って、棚に入っている本の中から時間がある時に選んだ本です。冒頭に書いたように私は人の気持ちがよく分からないし、人と同じように行動するのが苦手なので、タイトルの「皆みたいに上手に出来ない」に惹かれました。あと、友人には『テマリが泣いてるとこ見たことないわ』と言われます。だからといって私は優しくないけどね。

これ読んでるの上司が知ったら、面談とかしてきそう(笑)

誰にも見つからずに泣いてる君は優しい ~皆みたいに上手にできない~

誰にも見つからずに泣いてる君は優しい ~皆みたいに上手にできない~

 

 

先日「本なんかに使えるお金があって羨ましいわ」と友人から言われたのが軽くショックでしたが、いつか表現力かなんかで彼女を驚かせたいですね。私にとって本を買うのは、給料日だから高めのランチ食べるとかの代わりです。食にこだわりがなく、食欲も落ちてる私にとっては外食費がもったいないので。一人前が食べきれない。

 

他にもタイトルとか表紙とかで選んで読んでいるので、このまま続けたら賢くなるかなあ~~~(その発想が既に賢くない)

 

次はジャニーズのこと書こっと。

一言で表すと、出戻りブログ

皆様ご無沙汰しております、お元気ですか?私テマリは元気に新入社員やっております。



さて。さっそく本題ですが、タイトルの通り。髙木くんと掛け持って応援していた菊池くんに別れを告げたのが年末。そして、もう戻って来ちゃいました(笑)なんだコイツ!ですよね~~~私もそう思う!ちなみに年末の担降りっぽいブログはこれ。
y-9but.hatenablog.jp


たくさん考えて、考えた結果の担降り。当時はそうでした。降りると決めた以降、わたしはSexyZoneを可能な限り避けて過ごしました。少年倶楽部を見るときもSexyZoneが映ると気持ちを無にしていました。ふまけんに慣れてしまったことで決めたものの、菊池くんを全く嫌いになっていない状態での担降りはすごく苦しくて。意識的に離れるしかないと思ったからです。決めた担降りは貫きたい!!って、どこの熱血系だよって感じですけど(苦笑)



これが最後と決めて申し込んだ私的サヨナラ公演。いつも一緒にコンサートに行く妹に合わせて、大阪と福岡で1公演ずつ入ることになりました。降りたとはいえ、曲を知らなくて盛り上がれないのはSexyZoneに申し訳ないので、購入していなかったアルバムをTSUT〇YAでレンタルしました。なるべく無の気持ちで再生を始めたXYZ=repainting。しかし『名脇役』を聞いたとき、その歌詞を菊池くんと自分に重ねるという何ともおこがましすぎる聴き方をしてしまったのです。ごめんなさい!セクシーソーリー!!!

忘れさせてもくれなくて
むしろ忘れたくなんかないって
体でも頭でもない心が言うのです
だからもう困らせてよ
苦しくさせていてよ
そんな風に優しくしといてよ


わ~~~これ生で歌われたらヤバいやつでは!!そう思った瞬間から、この曲を聞かないことにしました。気持ちが戻っちゃうのを避ける作戦。原始的。もちろんセトリに入らないことも祈りました。めちゃくちゃ入りそうな曲だけど。


そんなこんなで迎えた大阪公演。グッズは何も買わないと決めていたので、ペンライトも過去のものを持って行きました。買うと気持ちが入っちゃうので。原始的な作戦パート2。
















ところが開演してみると、いきなりオープニング映像で号泣。よりによって私が大好きな表情の菊池くん。しんどいしんどいしんどい。しんどいオブザイヤー受賞。


コンサートの空気に飲まれて少し楽しくなってきたところで、菊池くんがスプレーで書いた文字は『MyLife』・・・エモい。エモすぎる。エモいオブザイヤー受賞。菊池くんのことが大好きだった夏にタイムトリップ。ココハ TDCホール デスカ?おそらく確実に大阪城ホールにいる私は再び号泣。


さらに始まったのは例の『名脇役』です。イントロから「やべぇやっぱあるよね・・・」って焦りましたが、マリウスくんが歌詞を間違えて菊池くんも笑っちゃったので私の気持ちも深刻にならず、涙なしで聴き終えることができました。そのお陰で病まなかった、ありがとうございマリウス。

その後も葛藤を繰り返しつつ、何とか好きの気持ちを抑えて夜行バスで田舎へ帰ることができました。



1週間が経ち、いよいよ本当のサヨナラ公演 in福岡。「これが最後の菊池くん」という心構えで会場入りしました。オープニングで文字が光り始めても気持ちは変わらず。しかし、映像が流れるとうるうるしてしまい、登場と共に号泣。3曲めくらいまでは双眼鏡を覗くこともペンライトを振ることも忘れてずっと泣いていました。汚い顔がメンバーから見える位置じゃなかったのは救い。


IgnitionCountdownで階段を上がって座ってる菊池くんと、ステージの真ん中に立ってる中島くんが一緒に歌ってる姿はすごくかっこよかったし、その後も病んで泣いて可愛くて笑って苦しくて。ついに公演中にも関わらず、頭の中で天使と悪魔が戦い始めました。

天使「サヨナラ公演にするんでしょ!これが最後の菊池くんよ!」
悪魔「素直になりなよ~~~好きは止められないよ~~~」
「ふまけんに沸かないのに何言ってるの!」
「菊池くんを好きならそれでいいじゃんね~~~」
「菊池くんが可愛いのはメンバーのおかげだと思わない!?」
「可愛い!?菊池くんはかっこいいだろ!」
「どっちもよ!菊池くん最高!!」
「そもそも、菊池くんとお別れなんて無理なんだよ!!」
「ほら見て!菊池くん素敵!!」
「やっぱいいなSexyZone!!」
天使×悪魔「菊池くん万歳!!SexyZone万歳!!!」

・・・気づけば満場一致の出戻り(笑)
もうね、ふまけんがどうとか関係なかったです(笑)


終演後には「ちょっとグッズ売り場・・・」とだけ呟いて妹をグッズ列に連行。私の出戻りを温かい目で見ている妹からは「えぇw 何買うの~www」と笑いながら煽られました。そして物販お姉さんに向かって「菊池くんのフォトセットと団扇とファイルください」
全買いはしなかったけど、避けてた数ヵ月を思えば、購入したという行為が重要だった。なお、ブースを出てすぐ、フォトセを抱きしめて「風磨くんおかえり!!!」と言ったときの様子は妹によってバッチリ撮影されています。恥ずかしい。



福岡の前日に見た (くなかったけど見せられた) 少年倶楽部PEACHは、心を無にして「かわいい」「好き」と思わないようにしていました。それが、帰ってからは「かっわい~~~!!!」有吉ゼミのワイプにも「かっわいい~~~!!!」前半誌を見て「ああ好き;;」と、今まで抑えてきた好きを自由に放出させました。すっきり。自分の気持ちに素直になることが、こんなにも幸せだなんて知らなかったです。



ちなみにですが、もしコンサートで『最後の笑顔』を聞いていたら、また考えが違ったかもしれません。

無理して笑って歩き出すよ
笑顔が素敵って言ってくれた
君が嘘つきにならないようにね
笑顔で歩くよ君のいない道

この曲がセトリに入ってなかったのは私にとって運命的で。コンサートで聴いてたら、無理やりあのまま降りてたかもしれません。



出戻り以外で今回のコンサートから感じたのは、「お兄ちゃんとちびーず」の構図が良い意味で薄まったなということです。それは年齢や身長だけが要因ではなくて、本当に本当に成長したと思いました。昨年の5TAGEで5年間の成長をバリバリに見せつけ、今年のrepaintingで本当に塗り替えた。けど過去のことを何一つ消してはいない。
コンサートの最後、『xyz』にペイントをするシーンがありました。例えるなら、あのxyzの形がこれまでの5年間。そして今回塗っていった色が今のSexyZone。私はそう感じました。(※個人の見解です)


出戻りを決めてから、先日アルバムとカレンダーを買いました。
そして遅くなったけどお祝いさせてください。24時間テレビおめでとう!!発表されたときは「ふ~ん、今年はセクゾかあ」と薄い反応を自分に言い聞かせていたので(苦笑)5人なら素敵な番組になること間違いない。





菊池くん、SexyZone、これからも応援させてください。大好きです。

ーーー俺たちが創る時代